保健・福祉サービス

地域サービス サービス内容と窓口
在宅介護支援センター 保健婦・看護婦・ソーシャルワーカーなどの専門家が24時間体制で、お年寄りや介護者の相談に応じます。
→市区町村の福祉窓口へ
ショートステイサービス 寝たきりや痴呆症などで介護が必要な人を特別養護老人ホームや老人保健福祉施設などで宿泊介護します。
→市区町村の福祉窓口へ
日常生活用具の給付、レンタル制度等 障害程度に合わせて、住宅改造に関するアドバイスや資金の援助、車いすや福祉用具の貸与を行います。
→市区町村の福祉窓口へ
 




 
 訪
 
 問
 
 サ
 
  |
 
 ビ
 
 ス
訪問指導 保健婦や訪問看護婦、栄養士などが、食事・排泄・清拭などの看護方法や介護法などを指導します
→市区町村の保健窓口へ
往診・訪問診療 依頼により医師が往診したり、医師の判断により定期的に訪問して診療します。
→医療機関の窓口へ
訪問看護 病院や診療所、訪問看護ステーションから医師の指示に基づいて訪問看護婦が派遣され、看護を行います。
→医療機関の窓口へ
訪問リハビリテーション 理学療法士や作業療法士が医師の指示に基づいて機能回復訓練を行います。
→医療機関の窓口へ
薬剤師・栄養士の訪問 服薬指導や医師の指示に基づいた栄養指導を行います。
→医療機関の窓口へ
ホームヘルプサービス ホームヘルパーが介護、家事援助サービスを行います。
→市区町村の福祉窓口へ
配食サービス
入浴サービス
送迎サービス
食事の宅配、入浴、各種施設への送迎を行います。入浴は移動入浴車が訪問し、ホームヘルパーなどの補助によって行われます。
→市区町村の福祉窓口へ
 


 通
 
 所
 
 サ
 
  |
 
 ビ
 
 ス
機能訓練事業 個別機能訓練や集団機能訓練、レクリエーションなどを行います。
→市区町村の保健窓口へ
外来通院リハビリテーション 医療機関に通院し、機能回復訓練を行います。
→医療機関の窓口へ
老人デイケア 老人保健施設が行い、日中のみ通所して食事、入浴、機能訓練などを行います。
→医療機関の窓口へ
デイケア 病院や診療所によるサービス。内容は老人デイケアとほとんど同じです。
→医療機関の窓口へ
デイサービス 特別養護老人ホームなどの福祉施設で日中のみ通院し、食事、入浴、動作訓練などを行います。
→市町村の福祉窓口へ

在宅介護を行う場合は、在宅介護支援センターや市町村窓口で介護計画を相談しましょう。また、各都道府県に設置されている高齢者総合相談センター(全国どこからでも#8080)でも相談に応じています。
この他、市区町村の広報誌にも眼を通し、在住地域のサービスを調べておくことも大切です。